OFFICIAL BLOG / MEN

2017 19 Apr

YES WE’RE OPEN WE LOVE NEW CLOTHES -PRESS

-YES WE’RE OPEN WE LOVE NEW CLOTHES-

東京・原宿の古着屋で言わずと知れた、今はなき名店go-getter、大阪アメ村で唯一無二のセレクトで有名グリズリー>が期間限定でCiaopanic京都店にやってきます。

 

 

1995年の創業時、現「エヌハリウッド(N.HOOLYWOOD)」のデザイナー尾花大輔氏が立ち上げに携わったことでも知られている。老舗ならではの上質なメンズ古着を取り扱うgo-getter、「古着の可能性の探求」をテーマに20年にわたり営業していた今や幻の名店。ビル2階の1室を利用した店内はアメリカの空気感を意識し、縫製や生地など細かいディテールまで11点吟味したアイテムが並んでいた

 

かつてアメ村で伝説的な人気を誇った古着店、『スリフティ』で10年以上にわたりバイヤーを務めた小路貴よるショップ。新商品の入荷日ともなれば、関西中からヴィンテージフリークが行列を成す、もはや説明不要の人気店。「少ないなかからお気に入りを探すよりも、いいもんがいっぱいあるなかからガッツリ選べた方がいいでしょ?」と、バンドTや<ラルフローレン>、<リーバイス>のコーデュロイパンツなど、カラバリ、サイズともにレンジ広めに集める。自身も月に一度のペースで渡米するほか、アメリカに常駐するスタッフがほぼ毎日バイイングしているため、今の気分にブッ刺さるアイテムがこれでもかと並ぶ。

 

 

 

<go-getter> & <グリズリー>のバイヤー自らアメリカ本土より新たにバイイング。

<go-getter>からは限定コラボアイテムも発売決定。

 

go-getter×Ciaopanic 

リメイクコーデュロイバギーパンツ ¥16,800(+tax) 

 

go-getter×Ciaopanic 

リメイクUSテント地サコッシュ ¥7,800(+tax)

 

 

 

 さらに気鋭のペインターアーティスト<YUDAI NISHI/西雄大>による、EXHIBITIONも開催いたします。 

 

 

YUDAI NISHI / 西 雄大

1991年愛知県生まれ。

京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科イラストコースを2014年に卒業。 在学中に活動をスタートし、現在は東京を拠点に活動をおこなう。 
シンプルに削ぎ落とされた力強い線、明るく濃度のある選び抜かれた色彩、既視感のあるモチーフや、あるいはそれが変容し独自の形態になったモチーフによって構成される作品が注目されている気鋭のアーティスト。アメリカンコミックやヒーロー、ストリートアートなどの影響を受けながら、自信の思考を通して完結にデザインされている。

 

 

古着好きにはたまらない企画ですが、今まで古着と出会いがなかった方々にも楽しんでいただける内容となっております。是非この機会にお立ち寄りください。

 

 

 

USED POP-UP SHOP in CIAOPANIC KYOTO
会期:2017421(木)〜521日(
場所:CIAOPANIC 京都店(店内2F
住所:京都府京都市中京区寺町六角下ル式部町251
時間:11:0020:00
TEL
075-254-6747